検定試験の準備にはネイルスクールが有効

ネイルの資格試験の中には、名称だけからは違いをなかなか判別できないものもあります。そのうち、ネイリスト技能検定試験、ネイルスペシャリスト技能検定試験などは特に、内容の違いが良く分からないと悩む方も多いかもしれません。
ネイリスト技能検定試験は、JNEの主催によって行われる試験で、1級から3級までのレベルがある試験のことです。ネイルサロンへ就職する際にも、よく基準として利用されていることが多いので、3級ならネイリストの基礎をマスターできますし、2級ではサロンでも通用するスキルがマスターできます。また、1級の場合、トップレベルのネイリストに必要と思われる技術をマスターしていることが認められます。
これに対して、ネイルスペシャリスト技能検定試験は、インターナショナルネイルアソシエーション(I-NAIL-A)が実施する試験です。A級の場合は学生および初心者が対象で、PA/AA/AAA級ならプロを対象にしています。いずれの試験も、学科試験に加えて実技試験があり、それに合格すると認定されます。
ネイリストには資格は特に必要とされませんが、ネイルに関連した資格を取得していれば、就職活動も有利になります。独学よりも、やはり専門のネイルスクールで準備した方が効果的です。ネイルスクールなら、必要な技術に絞って効率的に学ぶことができます。

ネイリストを目指す場合、独学はモチベーションの維持など様々な条件から続けることが難しいことがあります。検定試験の準備を行うなら、集中的にサポートしてくれるネイルスクールに通う方が近道になります。
スクールによっては、JNEネイリスト技能検定1級から3級、JNAジェルネイル技能検定の初級や上級にも対応したスクールがあります。こうしたコースなら、ネイルの資格を取得するための知識やスキルを全般的に習得するに最適です。また、JNA認定校のネイルスクールは、講師陣の指導力にも定評があることが殆どです。サポート体制がしっかり整っているスクールなら、より安心して学べます。
また、検定の前に集中して学ぶことができるコースを開設しているスクールもあります。JNEネイリスト技能検定試験やJNAジェルネイル検定試験の対策ができるコースなら、駆け込み学習にも最適です。検定試験の具体的な手順、モデル選びから技術まで学ぶことができるため、学習の総仕上げという意味で参加してみることもできます。こうしたコースは入学が随時行われることが多く、期間も1回3時間や3回9時間(3回)など様々です。自分に適したペースで勉強できるコースを選びましょう。

ネイルスクールに通うなら、サンミーゴ(大阪・神戸)